皿回し・ジャグリングパフォーマー
まさやんによる皿回し講座


◆まさやん流スティックの作り方


<用意するもの>
長さ47cm程度、直径12mmの木製丸棒
(棒を切る場合)ノコギリ
カッター
ビニールテープ3色以上
ハサミ


<手順>
@まず、木製の丸棒を準備します。
材質はあまりこだわらなくてもよいとは思いますが、まさやんはチークという木材を使っています。
ハンズで90cmで500円くらいで購入できます。
丸棒が長すぎる場合、のこぎりなどで切断します。
長さは47〜8cmがお勧めです。

A棒の両端を削ります。
カッター、ヤスリなどを用いて棒の両端を削ります。
将来的に、重たい皿を何度も受け止めるので、あまりとがっているとすぐにつぶれてしまいます。
すこし鈍い先端にしておきましょう。
両端とも削り終われば、ひとまずスティックとして使うことができます。
皿を回してみてください。

B下書きをします。
大体で構いません。
テープで覆う範囲の両端、現時点でのスティックの重心に鉛筆などで
印をつけておきましょう


Cテープを巻いて装飾します。
ビニールテープを用います。
3色ということなので、ここでは主に水色、黒、一部白を用います。
まず、斜めに先をはさみでカットした水色ビニールテープを、
先ほどをちょうど隠すように巻き始めます。


2周目には前に巻いたテープと半分弱くらい重なるようにします。
すると、大体どの部分もテープが二重になっていきます。


このまま巻き続け、印をつけた重心の部分にたどり着いたとき、
水色ビニールテープを垂直にカットします。
断端の中心がちょうど印の所に来るように貼り付けます。
垂直にカットした黒ビニールテープを用意します。
印のところまで貼った水色ビニールテープに続けるように貼り、
同様に4割程度重なるように巻いていきます。
端の印まで貼れたら、テープの端を斜めにカットして貼り付けます。



Dビニールテープで補強します
ビニールテープで、先程巻いたテープの端をはがれないようにカバーしていきます。
テープの端が見えなくなるように同じ色のテープで2〜3周巻きます。
同様に、重心のテープの色を変えたところもはがれやすいので、
そこをカバーするように、白いテープで2〜3周巻きます。

これで完成です。
テープの色は好みや、衣装とのコーディネートでいろいろ変えてみてください。



ピザ回しドットコムさんから購入できます。



◆まさやん流スティックにたどり着くまで


スティックは長さ、太さ、重さ、表面の摩擦など色々な要素が絡み合っています。
この中から自分の使いやすいスタイルのスティックを見つけることが重要です。

長さについてですが、90cm程度までは長い方が回しやすいです。
ただし、長すぎると足の下を通すなどボディースローや、スティック自体の取り回しに支障が出ます。
この間をとって、47cmという長さになりました。
(13.05.16追記 45cmくらいが最近やりやすく感じます。)
また、短いと軽すぎてスティックを投げたり回したりするのが難しくなります。
そこで12mmという太めの棒を用いて、ビニールテープを巻いて重くしました。

材質が木なのは加工しやすかったからです。
金属製にしてキャッチの際に大きな音を立てる、
樹脂製でよくしなるスティクにするなども面白いと思います。


他のスタイルのスティックもあると思いますので、
「こんなの思いついたよ。使いやすいよ。」という方がいらっしゃいましたら、
是非教えてください。


次回は皿の加工と装飾です。



◆MOVIE





BACKINDEXNEXT