皿回し・ジャグリングパフォーマー
まさやんによる皿回し講座

※このホームページは移転しました。5秒後に新しいページに移動します。


◆皿の回し方

まず左手で皿を持ち、右手でスティックを持ちます。
左手は手前に、右手は奥に動かすと、下から見ると皿が時計回りに動きます。
このとき、スティックを皿に少し押しつけるようにして、左手と右手を同じスピードで動かします。
時計回りに勢いを付けて、左手を放し右手でスティックを皿に合わせて回すと回転が持続します。
底じき(裏のふち)をなぞるように回しましょう。
ある程度以上回転がついたら、右手のスティックを止めると、皿の中心にスティックが移動します。

この時に注意することは3つあります。
@スティックは長く持つこと
 スティックの皿が乗っていない方の先端を持って、スティックはなるべく長く使いましょう。
短く持ちすぎると回しにくいです。

A皿を振り回さないこと
 スティックの先端が半径数cmの円を描いて、その周りで皿がぐるんぐるん振り回される、という状況があります。練習し始めのうちに陥りやすいです。
皿を振り回すのではなく、皿がその場所から動かないように、底じきの円に合わせてスティックを回してあげましょう。

B手首を使うこと
 安定して回すには、ある程度のスピードが必要です。棒の先端を素早く軽やかに動かせるように、手首を使いましょう。
肘ではなく手首を使うことで、より小さな身体の動きで、より素早くスティックを操ることができます。


百聞は一見に如かず。動画を見ながら練習してみてください。



◆MOVIE





BACK| INDEXNEXT